パルミチン酸レチノールがリフトアップに効果的!?注目の成分!

パルミチン酸レチノール

パルミチン酸レチノールとは、ビタミンA誘導体のことを総じて呼称する際に用いられる正式名称で、リフトアップに効果があるということで昨今の化粧品などに配合されている成分です。

 

パルミチン酸レチノールは、コラーゲン生成を促す効果があり、それによって皮膚の弾力を若いときのように戻すことが可能で、皮膚の細胞代謝を促進させるうえでも効果がある成分となっています。 

 

一般的にレチノールは皮膚の代謝などに良好な働きをすることで知られていますが、 パルミチン酸レチノールは、このレチノールという成分の肌への吸収率を向上させたもののことを指します。 

 

通常の栄養摂取では難しい肌のリフトアップは、レチノールを効率的かつ直接的に使用することで促進されます。
そのため通常のビタミンAなどの摂取と比べてより直接的な効果を感じることができ、同時にタンパク質であるコラーゲン生成を促すことによって肌のリフトアップを効率的に行えるようになっているのが特徴のひとつです。

 

肌の代謝が促進され古い角質などが取り除かれ、ハリやつやがでてくることで、次第にしわやたるみといったものが解消されます。
その代謝の手助けをするのがレチノールという成分になります。

 

パルミチン酸レチノールはリフトアップだけでなく美肌効果も高い

パルミチン酸レチノールは、より効率的なレチノールの効果によって代謝の促進が促され、タンパク質の生成に寄与することでリフトアップが期待される成分です。

 

一方で、パルミチン酸レチノールの効果はリフトアップだけではなく、ターンオーバーの正常化に効果があり、肌そのものの代謝の促進によってシミ・そばかすの改善といった全般的な美肌効果にも有効とされています。

 

効果としては、角質のターンオーバーの正常化、保湿、シミ・そばかすの改善、そしてしつこいニキビの改善といったもので、肌の悩みのほとんどをカバーしていることで注目されています。 

 

修復のビタミンとも言われているビタミンAの効果は、肌に発生しうるトラブルのほとんどを改善するのに有効な成分とされています。

 

また、すでに肌にできているニキビの改善と同時に、残りやすいニキビ跡の修復も行うため、美肌効果が高いという評価を得ています。

 

パルミチン酸レチノールはリフトアップと同時に美肌効果も期待できる成分ですが、食品として摂取する場合はうなぎやレバー、チーズといった食べ物が中心となります。 

 

一方でサプリメントや化粧品でも配合されているため、上記の食べ物が苦手な人はサプリメントなどで摂取するようにしましょう♪