コラーゲンサプリって本当にたるみのリフトアップに効果あるの!?

リフトアップ,コラーゲンサプリ

 

肌のたるみで悩んでいる人がリフトアップをしたいと考えたら、コラーゲンを増やすことが効果的です。

 

そこでよく飲まれるコラーゲンサプリには、吸収されやすい形になったコラーゲンだけでなく、コラーゲンを体内で合成するために必要な栄養素も豊富に含まれています。

 

しかし、実際にはコラーゲンサプリのように食べたコラーゲンというのは体内に吸収されてコラーゲンを合成する材料になるわけではない、ということも言われます。
いわゆるコラーゲンを食べると肌に良いというのは疑似科学とされるのは「科学的データはない」ということからです。

 

でも、コラーゲンサプリを飲むと、肌の調子が良いと効果を実感した人は多いことも事実です。
真偽は果たしてどうなのかということについて、議論が起きているのですが、そこで知っておくべきなのは食べたコラーゲンがどのようになるのかということです。

 

わかっているのは、コラーゲンはアミノ酸に分解されていくのですが、その一部はペプチドになります。

 

ペプチドは、皮膚ではコラーゲンの合成を促すきっかけになる物質で、その時にアミノ酸が使われるので結果的に食べたコラーゲンが体内で合成されるコラーゲンの材料になるといえます。
ただし、アミノ酸に分解されたコラーゲンが全て材料になるのかというと、アミノ酸は体の至る所で使われるものですから、その一部がコラーゲンになると考えたほうが良いでしょう。

 

コラーゲンサプリの効果的な飲み方

コラーゲンサプリを飲むことで、肌のコラーゲンを増やしハリとツヤでリフトアップをしていきたいところですが、そのためにも正しい飲み方を知っておきましょう。

 

勘違いしてはいけないのは、多く飲めばそれだけ良いと思ってしまうこと。
多くの場合でコラーゲンを多く摂るということは同時に脂質を摂ることに繋がるので、それが脂質の摂りすぎになってしまう恐れがあります。
くれぐれも脂質を摂りすぎないようにしましょう。

 

肌に必要なコラーゲンを補給するためには、一日5000〜10000mg程度あれば良いとされています。

 

普段の食事でも、ある程度のコラーゲンは摂取できるので、コラーゲンサプリはそれを補う量にしておきます。
そのときには、体内でコラーゲンの合成を行う時に必要なビタミンCと一緒に飲むことが最適です。

 

ですから、オレンジジュースを一緒に飲んだり、食後のデザートに柑橘類を食べるというように、メニューをよく考えるべきです。
また、あらかじめビタミンCを一緒に配合しているコラーゲンサプリも増えてきています。

 

飲む時間帯を考えると、肌細胞の新陳代謝は夜に行われるので、日中よりも夜寝る前に飲むようにしておきましょう。
消化、吸収されるの時間を考えると新陳代謝が活性化する午後10時から午前2時よりも前に飲んでおくことが理想的ですね。