植物性プラセンタとは?動物性プラセンタとの違いと美容効果

リフトアップ,植物性プラセンタ

 

植物性プラセンタは、数多くの美容ケア用品に使用されています。

 

大豆やライ麦、トウモロコシといった植物の「胎座」と呼ばれる部分から抽出されるものであり、植物が成長していくための重要な栄養素が豊富に含まれています。

 

植物性プラセンタに多く含まれているのは、ビタミンやミネラル、アミノ酸です。
アミノ酸の中には、人の身体では作ることができないながらも、身体に必要なため、外から取る必要がある必須アミノ酸というものがあります。

 

肌にうるおいを与えるコラーゲンの元となるものであったり、肌がしっかり生まれ変わり・ターンオーバーできるようにサポートするものなど、身体全体だけでなく、肌が正常に作用するためには必要なものです。ビタミンも同じように肌を健康的に保つサポートをしてくれます。

 

しかし、末端である肌の表面にはこれらの栄養素が十分に行き渡らないこともあるため、表面から直接浸透させようと、化粧品などに植物性プラセンタが使用されることが多いのです。

 

また、大豆から作られたプラセンタの場合、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをするイソフラボンも同時に含まれているため、抗酸化作用も含めて、より強い美肌効果が期待できます。

 

植物性プラセンタと動物性プラセンタとの違い

「プラセンタ」という言葉はもともと「胎盤」という意味合いで、厳密に言えば動物性プラセンタが正しいものであり、植物性プラセンタとは全く別のものであると言えます。

 

処方箋医薬品として使用されるプラセンタはヒトの胎盤から抽出されたものであり、更年期障害や乳汁分泌不全の治療に使われています。
その他にもサプリメントや美容用品にも用いられますが、こちらはもっぱら家畜の胎盤から抽出したものを材料にしています。

 

牛の胎盤から抽出したものが多く使用されていましたが、BSE問題によってほとんどが豚のものへとシフトしています。
その他にも、効果は高いものの生産効率が悪く、希少品となっている馬プラセンタは高級品としての立ち位置にあります。

 

どちらも栄養が非常に豊富であるという共通点を持っていますが、植物性プラセンタが動物性のものと最も異なる点は、成長因子というものを持っていないことです。

 

成長因子とは、特定の細胞の成長を促進させる動物特有のたんぱく質のことで、身体そのものに働きかけ、自律神経を整えたり免疫力を上げことができます。

 

植物性のプラセンタは、含まれている栄養素と成長因子がないことから、美容方面で主に使われますが、動物性のプラセンタは身体を治癒する方面にも効果があるため、美容だけでなくそちらの目的として使用されることも多いですね。