ほほのたるみをリフトアップする表情筋トレーニングの仕方

表情筋トレーニング

加齢によって頬のたるみが気になってしまうことが多いものです。

 

30代を過ぎた場合では、肌質が劣化してしまうことになるので、多くの女性がスキンケアなどを行っていることが一般的です。

 

頬のたるみに関しては、フェイスラインを綺麗に保つことに配慮することが大切になり、その方法として引き締めを行うために表情筋トレーニングを取り入れることも良い方法です。

 

表情筋トレーニングを行うことにより、引き締め効果を発揮させられる可能性が高まるので、毎日実践してみることがおすすめの方法です。

 

実際に効果的なフェイスラインのトレーニング方法では、まずは顔の皮膚に対して指でマッサージする方法になるので、滑りを良くすることが大切です。
余計な摩擦を与えてしまった場合では、皮膚が傷んでしまうので、クリームや石鹸泡などを活用することが必要です。

 

その後は口の両端に左右の指を当てて、そのままゆっくりと目の下にかけてマッサージを施します。

 

さらに、指をそのままにして、耳の下側から首筋までゆっくりと指を下げていく方法で、リンパマッサージを同時に行うことができるので、その結果として頬のたるみを解消すると同時に、フェイスラインを綺麗に整えることに役立つトレーニング方法です。

 

目元のたるみを引き締める表情筋トレーニング

顔のたるみに関しては、頬の部位だけではなく、目元が気になってしまうことも多々あります。

 

若かりし日と比較した場合では、目の上の部分が下がってしまったり、目の下の部分も下がってしまうことになり、老け顔に見えてしまったり、疲れ顔のような状態になることも多いものです。

 

このケースでは目元のたるみを解消するための表情筋トレーニングを実施してみることがおすすめになります。

 

目元の場合では、片方ずつトレーニングすることになり、両手を使って左右それぞれをマッサージしてみる方法があります。

 

例えば片方の指で眉毛の部分を少し上に持ち上げて、もう片方の指で目の下の部分を押さえて、上下に皮膚を動かす表情筋トレーニングの方法があります。

 

注意点としては、目元の皮膚は非常に薄い状態になるので、強くマッサージを施してしまった場合では、悪影響を及ぼしてしまう可能性も否定できません。

 

そのため、できるだけ皮膚に負担をかけない程度にマッサージを繰り返す方法がベターと言えます。

 

この運動は洗顔後などに軽く行うことが良い方法で、基本は鏡を見ながら毎日行ってみる方法で、表情筋を上手く鍛えることができるので、その結果として目元のたるみを減らすことに成功できる場合があります。