リフトアップに欠かせない!コラーゲンとは?

リフトアップ,コラーゲン

肌のリフトアップを成功させたいなら、コラーゲンについて理解を深めることが欠かせません。

 

なぜならコラーゲンは真皮の主成分であり、肌のはりなどに大きな影響を与えるからです。

 

真皮は表皮と皮下組織で挟まれており、皮膚の層の中で最も厚みがあります。

 

コラーゲンが柱の役割をして、エラスチンが柱同士をつないでおり、さらに隙間をヒアルロン酸が満たすことでクッション性を持たせているのです。

 

女性が恐れるしみやたるみには、真皮の劣化が関係しています。
真皮が正常に働き続ければ、肌の老化が極端に進むことはありません。

 

肌は弾力を保ち続けられますし、表皮のベースとしての役割も適切に持続することも可能です。
皮下組織にある毛細血管を流れる酸素や栄養素を肌にしっかり届けられます。

 

このように真皮を健全な状態に保つことは肌にとって重要です。
また筋肉やなどを治癒する役割や血糖値を調節するような役割もあるなど、美容だけでなく健康にとっても重要な成分といえます。

 

そこでポイントになるのがコラーゲンの量を不足させないことです。
水分以外の真皮の成分のうち、コラーゲンは7割以上を占めています。
これが極端に足りなくなってしまうと、上述のような真皮の機能は損なわれてしまいます。

 

コラーゲンを増やす食事方法

コラーゲンは体内で作られる物質です。

 

そのため、増やしたい場合は、原料となる栄養素を積極的に摂取しなければなりません。

 

手羽先や豚足など、コラーゲンが豊富に入っている食品は多く存在します。
しかし、いくらそのような食品をたくさん摂取しても、体内における含有量を増やすことに直結しません。

 

あくまでもタンパク質の一種であるため、他のタンパク質と同様にいったん体内で分解されてしまうからです。
分解されても全てが排出されるわけではなく、アミノ酸という別の栄養素になります。

 

そしてアミノ酸が体内で再度合成することによってコラーゲンが作られます。
つまりアミノ酸を得るために、タンパク質が豊富な食品を食べることが最大のポイントといえます。

 

また他の栄養素も生成に関わっているので注意しましょう。
その中でも特に大切なのはビタミンCです。

 

コラーゲンを生成するときに酵素の作用が関係しますが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進する働きがあります。

 

ビタミンCの量が減っていると、十分に生成されなくなって組織が崩壊するような病気になることも珍しくありません。
そのため直接の原料ではありませんが、レモンなどのビタミンCが豊富に含まれている食品を摂取することも忘れてはいけません。